ごろごろスーツケース

長崎産福岡育ち、東京近辺に出荷された人のブログ。今はSNS広告の代理店にいます。ブログタイトルは、福岡から関西の大学に投稿していたころの名残。

ソーシャルアパートメントに住みながら、自分1人の時間について考える

あろー!@kazuka2u です。

4月ぶりの帰省を控えた深夜よりお送りします。
地元福岡を離れて7年が経ち、東京でソーシャルアパートメント(SA)住み始めて3年目。
まさかこのタイミングで渋谷で深夜を過ごすことになるとは思わなかった。

SAに住みながら、自分1人の時間について考える。

集団生活(仮)を2年していて、1人の時間を久々に意識した話だ。

本当は今日、明朝6:40のフライトに向けて、
渋谷にて深夜の本屋→カフェルートを過ごしている。
夜のスクランブル交差点は静かだ。

SAに住んでまるっと2年が経って、大好きだった友達が、
家を離れる機会にも多く出会うようになってきた。寂しい。
ソーシャルアパートメント、通称SA。
個人スペースが確保されたシェアハウス、というと想像しやすいと思う。
私の住む物件は80人を超える人が住んでいる。

水回りが共用で、各自個室を持ち、豪奢なリビングスペースを共有し、
大きなテレビを囲みながらNetflixテラスハウスを見る。

元来人と関わることを良しとする性格で、
人と関わることで他者鏡を見ながら自己評価を行う思考も伴い、家にいるときのほとんどを人と過ごす。
部屋の作り方に失敗しているのだが、自室を寝る場所として位置づけてしまったため、
部屋に戻ると寝てしまう。

家で人といると、表面的なやり取りなのか、そこに厚みがあるのかといった内容はおいておいて、
話題には事欠かないし、ほぼ常に話せる相手のいる空間がSAにはある。
中学校ではないけれど、数日コミュニケーションを避ければ、
話題についていけなくなったりだとか、知らない物事が増えていたりだとかってこともある。

人とコミュニケーションをとることそれ自体は悪いことじゃないし、
そこに苦手意識があるからこそ、それを言い訳にこの2年時間の配分を上手く出来ていなかったかもしれない。

そしてそれが、自分にとって、どうしようもなく、自分自身を薄っぺらく感じさせる。
人生ではじめてインプット無しにチープなアウトプットを行う時間。
会話の中における、自分より秀でたものに対する劣等感。
しかし目の前のコミュニケーションという甘い蜜にどうしてもよっていってしまう弱さ。
そして集団内で上手く振る舞えないからこそ、今の環境で人ともっとコミュニケーションを取るべきなのではないかという葛藤と言い訳。

そんな言い訳たちから、どうしてもリビングに行って人と話しがちだったけど、
今日深夜2時、渋谷のど真ん中の本屋でゆっくり本を読んでいて、
充実度が高く、かつ今自分自身に必要なのって絶対この時間だよなって感じた。

みんなといるのは楽しいけれど、そこに重ねて行けるインプットはやっぱり少ないし、
ブログからも足が遠のきがち。
サーバー契約ミスって飛ばした100記事がまじで幻。

とか言ったけど, 家でプロジェクトやることもあるし,
事業が進んでたり、その日の6時に火鍋いこーぜ!
っていってすぐに人が集まるとかいいところもたくさんある。

何事にも限度はあるし、時間は有限。
ご利用は計画的に、ってお話だよね。

ブログを書くのって、自分と向き合う時間だったり、
書くためにインプットしなきゃって思える点だったり、
利点はたくさんだから、もうちょっとがんばろう。

そんな夏休み前夜祭。
バスが来るまであと1時間。
本をもう一冊消化しよう。

もしかしたら私ももう、家をでるときなのかもしれない。
大学生みたいに、無駄とも思えるインプットを存分に行い、
ふわふわと存分に思考する時間を確保するために。

@kazuka2uでした。

社会人3年目にになって振り返る組織文脈。

あろー!@kazuka2uです。

社会人も3年目になり、後輩の指導を任せてもらうことになった。 思えば大学のときも下回生指導するのって、3年目からか。 組織文脈と、教えることについて再考。めもめも。

組織文脈について

持論なのだけれど、組織に属する人々が、ある程度その組織に対して帰属意識と愛着を持つには、 雑な言い方をしてしまえば内輪ネタ、もう少し言うと、 話題・文言の両面からの共通言語があることがものすごく重要だと思っている。 そしてこれらの共通言語を取り込み、適切な場所とタイミングで使えることを組織文脈とする。

この点、すごく上手なのが、R(青)や緑の会社だ。 社内だけではなく、社外にまでその用語や言い回しが浸透している。 良くも悪くもバズるような話題を作れて、かつそれが社外にまで出ている訳だ。 あれだけ大きな会社が盛り上がっていて、それをかつ許容できる姿はみていて羨ましい。

こういう意味で、社が打ち出す年間スローガンをいじり倒すことって、ものすごく大事だと思っている。 ここでそれだす?って思っちゃうくらい、多用しちゃう。 飲み会でこそ、ここぞとばかりに煽っちゃう。 そのくらい日常に浸透させずして、仕事にこのスローガンって落とし込めない。 と、私は思っている。

既存の組織に参画して、その組織文脈を理解するという意味ではこれまでの2年という時間は重要だったように思う。 社の文化をある程度いじれて、かついいところを明文化出来るようになってくるのが3年目という時期なのかもしれない。 これは単に過ごした時間の問題もあると思うが、 どんどん新しい人が入ってきて組織のターンオーバーが発生していくことにも密接に関係していると考える。 自分より新しい人がいるのといないのでは、組織での振る舞いかたって変わる。 社会人としての初年度に、いきなり自社をいじるのって、そういう文化が無い限り難しかった(少なくとも私は。)

うちの会社もこんな感じの文脈での帰属意識とか、一体感をもっと出せるように動いていきたいと思っている。

勘違いしてほしくないのだけれども、組織への愛着張った方がいいと思っているが、 こと職場という場所における私達の目的は、クライアント(カスタマー)の利益の最大かであることからして、 特段仲良くなる必要があるとは思っていない。 今は結果仲良くしてもらえるようになってはいるけど。 もし今年社会人1年目という人が読んでいればこれは覚えていてほしいのだが、 たしかに仲良くなる必要は無いが、利益の最大化に当たって、 仲良くしていることによって、その利益が最大化されることは絶対にある。

結論としては自分の所属は好きであれたほうがいいし、 そのために好きになる努力を一定していた方がいいんじゃなかろうかってこと。 私の友人がよく言う言葉に、会社の雰囲気は自分自身が作っていくものだっていうものがある。 ベンチャーなんとこれの極みだろう。 もし自分の会社がベンチャーっぽくないなら、自分がそうできてないんだ。

うーん、初年度とあんまり考えることは変わっていないが、 踏まえて新しくジョインしてくる人にどういう風に接するかという点で変わってきたかなぁ。

なんだか長くなってしまったから、教えることについては、また次回。 @kazuka2uでした。

3月の視聴映画まとめ

 あろー!@kazuka2uです。

最近周りの友人たちが筋トレブームで、あげく今日はカレーにプロテイン入れているところを見てしまった……。

 

そんなこんな3月の視聴映画まとめです。

15本とペースは落としているものの、仕事に比重をよせているので○。

 

シンゴジラ

こちらはDVDで。話題の作品だったけど、DVDでみて正解だったかなぁ。

石原さとみ目当てでみたんだけど、キャラが……!謎……!なんでルー語をしゃべらせてしまったんだろう……。全体的な演技もよかったし、英語もものすごく頑張っていたと思う。発音問題に関しては時間をかけて、まず耳で聞き取れて、かつそれを再現していくっていう流れになっちゃうことを考えると、抑揚もがんばっていたし、ことスピード感は本人も頑張った部分といっていただけあってよかったと思う。

世界にまだゴジラというものが存在していないという前提で展開していく感じは結構好きだったかも。 

ミニミニ大作戦

縞模様のパジャマの少年

リベリオン

べガスの恋に勝つルール

 こういうラブコメが1番頭を使わなくてよくて好き……。酔って結婚して、離婚しようと思ったけど大金を直後にあてちゃって、別れるに別れられない?!みたいなお話だった。

パルプフィクション

バードマン

www.netflix.com

 前に機内映画でちょっと見たことがあったんだけれど、所々寝てしまっていたのでもう一度。エマストーンってものすごく目を引くな……。

 エマの存在感をおいておいて、主役マイケル・キートンのクレイジーさが大変よき。

 少しずつ狂っていく感じと、一方で過去の名声に裏付けられた自信とプライドに、徐々につぶされていく感。演出ではバードマンがようやく姿を現すところとかものすごく好き。

 だれもが彼の様な側面は持っていると思っていて、もともっていた肯定感と、周りの人々の評価がマッチしないとこうなるのかとも思った……。もっかいくらい見たい気がする。

BABEL 

もしも君に恋したら

MAD MAX 怒りのデスロード

ブラインドデート

マップ・トゥ・スターズ

死霊のはらわた

靴職人と魔法のミシン

インサイド・マン

 

わりと古い映画もちょっとずつみつつ、英語字幕とかでも見れるようになっていきたい次第。

@kazuka2u でした。

 

 

 

 

いつまでも青臭く生きていきたい。

あろー!@kazuka2uです。

2015年に大学を卒業して、気付けば丸2年が経とうとしています。
20歳になったときと一緒で、思っていたほど私が成長できてはいなくて、
思い描いていた3年目よりも、正直なところよっぽど未熟。
マジで早い。

ベンチャーであってもそうでなくても、2年もともなれば新人気分じゃいられないし、
着実に大人にはなっていかなくちゃ行けないんだけど、
けど、青臭い理想は掲げていきたい。

例えば同じ方向を向いて、同じだけの熱量を持った人と過ごせたことを、
学生の特権だと言われたけれど、
それは同じ方向を向く努力をしたから、擦り合わせに妥協しなかったから実現したことであって、
別に最初から同じ方向を向いていた訳ではない。
だから一緒にそうやって過ごした人たちを仲間として捉えられても、
未だに友達としての感覚は薄い。

人によってはたかが仕事と言われるかもしれないけれど、
お客さんに対してそんなに失礼なことは絶対にしたくない。
toBでもtoCでも、それだけの価値提供をしている自負無しに仕事をしたくない。
一緒のチームで動く以上、チームとしての最大値をだす努力を怠りたくない。
そのために必要なコミュニケーション能力がまだまだ欠けていて、
苦しいこともすごく多いけれど、もっと勉強していきたいなと思う。

ただ一方で、同じ方向を向けない人が存在するっていうこともなんだか少し分かってきた。
こなして仕事をする人だっているし、
油断してしまえば人は「知っている、把握している」気になることがすごくよくある。
自分を疑うことを辞めてしまえば、正しいことを見落とす可能性は格段にあがる訳で、
その慢心もまた、大きな敵だなと。

仕事にそこまで向き合う人ばかりじゃないんだろうなと、
そのスタンスはそれぞれだけど、いろんな理想は妥協するんじゃなくて、
ギリギリまで理想の形を追求してほしい。

したいとかって表現が多いあたり、まだ出来てないってことなんだけれど、
悩んだときにお客さんの目的が何でそのために何が出来るのか、見失わないようにしよう。
自責の徹底、自分に何ができるのか。

@kazuka2uでした。

2月の視聴映画まとめ

あろー。@kazuka2u です。

2月は序盤かなりさくさく映画を見ていたものの、

仕事周りに集中するために後半からペースダウン。

なかなか映画館でみれていないのが悲しいところです……。

 

・フローズンタイム

・ローマでアモーレ

1月末旅行から帰ってきてすぐにみた作品。つい先日見た景色がたくさんでてきて、海外旅行の1つの醍醐味は映画を見たときの親近感が得られることかもと思った。

でもこれって地方から東京に来たときも一緒で、ドラマみたときにこの景色知ってる!が増えるとかそういうのと一緒なのかもしれない。

ウディアレン監督作品になるのだけれど、今回も絵と町がとにかく綺麗で、思い描く海外像が楽しめる作品でした。

www.netflix.com

・ローマに消えた男

・ある愛へと続く旅

・大統領の料理人

・ミリオンダラーベイビー

名作と言われたときに、とてもよくタイトルを耳にする1作。

10年以上前の作品ということでなんとなく避けていたのですが、本当にもっと早く見ていればよかった……。女性ボクサーのお話。

クリントイーストウッドやっぱりすごい……。2004年の映画で、社会問題にもかなり切り込んでいました。こと宗教観がこと明確な海外だとかなりの論争が起こっていたのでは無いでしょうか。

日常のひとこまひとこまに、もっと真摯に向き合いたくなる作品でした。

www.netflix.com

・クロエ

フッテージ

美女と野獣

インターンシップ

 エンドロールが最高にクール。ドリームストーリーではあるんだけど、大人が馬鹿やることとか、これまで積み重ねてきたものが無駄じゃないってことを思い出させてくれる点でおすすめ。

www.netflix.com

・ウィジャ・エクスペリメント

・CITY40

鑑定士と顔のない依頼人 

・バレンタインズデー

・ニューイヤーズラブ

・リピーテッド

17歳の肖像

・ウィークエンドはパリで

・グレイヴ・エンカウンターズ2

今月は仕事にがっつり比重を持ってきているから、あまり見れていないんだけど、自分のモチベーションコントロールに上手く映画を生かしていけるといいなぁ。

1@kazuka2uでした。

 

Netflix エラーコード10015について【English below】

【English below】

あろー。@kazuka2u です。

前回の記事でNetflixで日常生活が快適になった話をちらりとしたのですが、これが大変。

ダウンロードした映画が見れない!!

ダウンロード後、オフライン状態で映画を見ようとするとエラーコード10015が。

Twitterで検索をかけたところ、どうも世界中で起こっている模様。。

f:id:myorkz:20170208023639p:plain

ノーリプライなあたり、Netflix把握してないのかな……?

 

この現象、わたしの把握だけでも先月23日のインストール分から発生していました。

ですが、なぜだか再生できるときもある……

手元のiPhone5s,iPhoneseで確認したところ、以下の方法で再生が可能になりました。

①ダウンロードを完了する。

オンライン状態で、一度ダウンロードが完了した動画を開く

③オフラインで視聴する

以上です。

 

②を挟むだけで、オフラインでの視聴が可能になりました。

他機種などの情報があれば、ぜひ御共有いただきたいです。

それでは@kazuka2uでした。

 

【English】

Hi! i'm Kazu.

In these weeks, i got comfortable life by getting Netflix download function.

But  !! I cannot play the video with offline around 23th Jan.

i got the error code 10015.

 

I researched at twitter, it looks happening all over the world.

And Netflix don't understand this happening maybe.

 

I have got experiment  with 2 phones(i Phone5s,SE).

Just only 3ways, You will be able to watch Netflix offline.

 

1.Install the video in usual

2.You play the video in online once.

3. You will be able to play the video.

 

in usual we don't play the video after we have finished install video.

But '2'is important for us.

Please let me know the results to try this way.

 

good night! @kazuka2u

1月の視聴映画まとめ

あろー。@kazuka2u です。

年末くらいから映画熱が再燃していて、
備忘録的にせめてみたものだけでもまとめておこうかなと思った次第です。
filmarksやれるほどマメじゃない……。

先月からnetflixが一部映画・ドラマのダウンロードが可能になっているんだけれど、
おかげで通勤とお風呂の時間が超快適になりました。
お風呂1時間〜2時間とか入りたいから、これはありがたい!
本から映画にシフト中です。

そして東京近辺の超人の多い通勤が、少しだけ耐えられるようになった……!
伴ってhuluは解約。netflixよきです。

そんな1月の試聴映画がこちら。計16本。

・カルテット 人生のオペラハウス
・しあわせはどこにある
once ダブリンの街角で
・バチェロレッテ
・本日のおすすめ
グッドウィルハンティング
・アメリ
・Mr.タスク
・はじまりのうた
・夢と希望のベルリン生活
・ジュリー&ジュリア
ドラゴンタトゥーの女
・Pet
・ジェイソンボーン
・ザ・コンサルタント
・スーサイドスクワッド

後半4本は、自分で行くのは初めての海外行きの飛行機の中で見ました。
上記16本からどうしても伝えたい4本をピックアップ!

【Mr.タスク】
あらすじが意味分からない。
Podcast用におもしろインタビューしにいった主人公が、
セイウチになるっていう。
訳が分からなすぎたのと、ジョニーデップの娘のリリーも出てるというので見たのだけど、
2017年の胸くそ悪い映画オブザイヤーは圧倒的にこれ……。
ムカデ人間をも凌ぐ……。

特殊メイクをしたジョニデも主要キャラででてます。
リリーかわいい。

もっとも怖いのは、この作品のパート2が今年公開予定だってこと。
見た後にハッピーになれる映画をもう1本見ちゃうこと間違い無しです。

www.netflix.com

ジュリー&ジュリア
お料理をするブロガーのお話。
超普通の女性が主人公。
何かをやり遂げるってとても大変だけど、
がんばろうって気持ちと、自分と向き合う主人公空元気をもらえる映画。

おなかが減ります。

www.netflix.com

【ザ・コンサルタント
1月から国内放映。
元はThe Accountant、凄腕会計士が実は暗殺者だった、っていうお話。
すがすがしいアクションと、自分の抱える問題に主人公が向き合っててよかった。

異質なものを、人は排除したがるんだ、
っていう作中の台詞が分かる……ってなって辛かった。

主人公を演じるベンアフレックは、
グッドウィルハンティングでマットデイモンと一緒に脚本を書いていたんだって!
彼が出ている映画をこれまで全然見ていなかったので、
ゴーンガールからさかのぼっていこうと思ってます。

今日は何見ようかなぁ。
@kazuka2u でした。